6ヶ月講座「コトシゴ」

6ヶ月講座「コトシゴ」
プロフィールは、実績+共感

ビジネスをしていく上では、 プロフィールは大事 とわかっていても、 何を書いていいかわからない。 数字の実績や、 なんかすごそうな経歴ばかりを 書いているプロフィールには惹かれないし、 かといって、 「私の起業ストーリー […]

続きを読む
6ヶ月講座「コトシゴ」
毎月1日は、目標設定の会。

毎月1日は、目標設定の会。 朝6時半から、コトシゴ4期受講中のメンバーさんと。   動画受講のメンバーさんで、毎月、 目標設定も、グループコンサルも出てくれる方は、 動画だけじゃなく交流があるから、 ワークもサクサク進ん […]

続きを読む
6ヶ月講座「コトシゴ」
全員、商品サービスのキャッチコピーが数案完成!

こういう言葉を書いておけば売れます、 という「売れる言葉」に 自分を当てはめたコピーなら、 1分でできる。 でもそれでは意味がないのだ。 「安い」「便利」「これを知らないとやばい」 「今だけ」「ここだけ」「あなただけ」 […]

続きを読む
6ヶ月講座「コトシゴ」
「自分の商品なんて、作れないと思っていた」

なぜか、

起業塾などでは、

商品といえば講座、

しかも3ヶ月とか、6ヶ月の講座

をつくることを推奨されるらしい。

 

へ?

商品・サービスって「講座」だけじゃないし、

意味なく「6ヶ月」にする理由がわからん。

続きを読む
6ヶ月講座「コトシゴ」
頭真っ白になりながら、全員のキャッチコピーができた。

「こう書けば売れる」

「今流行っているのはこういうコンセプト」

そんな「外側の枠」に自分を当てはめて、綺麗でかっこいい言葉をつくったって、それに惹かれるお客様たちは、自分が本当に伝えたい人ではない。

 

コピーライティングによるミスマッチは、結局だれも幸せにしない。

続きを読む
6ヶ月講座「コトシゴ」
自分だけのオリジナル商品・サービスを作る

「引き寄せの法則で、運を引き寄せて幸せ体質になれるんです。」は、「リモートワークのおかげでリモートワークできてよかった」「幸せになるには、幸せになるためにすることをするのです」と言っているのと同じ。小泉構文だ。なにをするのか、全くわからない。自分だけのオリジナルの商品・サービスをつくるのは、かんたんではない。

続きを読む
6ヶ月講座「コトシゴ」
言葉は、あなたの中に「すでに」「ある」。

子供の頃は、今よりもっと、 おとなしくて引っ込み思案なオタクだったので、 誰かに何かを言われたり、 誰かに何かを言いたかったけど口に出せなかった時など、 お風呂の中や布団の中で、 ひたすら「復習」をしていた。 こんど、同 […]

続きを読む
6ヶ月講座「コトシゴ」
話が浅い人は、言葉が薄っぺらい。

「ナンバーワンより、オンリーワン」 「今は多様性の時代だから」 「ティーチングよりコーチングです」 「聞くより、聴くが大事」 「幸せは、自分の内側にある」 「成功よりも、日々の小さな幸せが大事」 「ないものを求めるより、 […]

続きを読む
6ヶ月講座「コトシゴ」
文章の書き方に「正解」はないけど、コツはある

言葉で仕事をつくる塾コトシゴ 第7回「共感される文章の書き方」では、 冒頭に、 「どんな文章がいいと思うか」 「どんな文章は嫌か」を話し合ってもらう。 いくら、「こういう文章は共感される文章です」と 教わったところで、自 […]

続きを読む
6ヶ月講座「コトシゴ」
2時間かかっていた文章が、20分で書けた。

「文章を書くのに時間がかかる」 「言いたいことが途中でわからなくなって脱線する」 「日記みたいなことしか書けない」 「何を書いたら、仕事につながるか、わからない」 と悩んでいた人がちが、 たった20分で、 「日常の出来事 […]

続きを読む